歯垢・歯石をつきにくくするフード

歯垢・歯石をつきにくくするキャットフードを選ぶには、歯科について理解する必要があります。
よって、まずは歯科の概要についてお教えします。

歯科疾患とは

犬と猫に最も良く見られる疾患の一つです。
特に歯周病は放っておくと口の中だけでなく心臓にまで細菌が移動してしまい、結果として全身に影響が及ぶ怖い病気で、しかも口の中というなかなか動物が見させてくれないところで進行します。
そのため多くのオーナーに見逃されており、放置されてしまいがちな疾患でもあります。

歯垢・歯石とは

歯垢・歯石の形成は、唾液中に存在しているねばねばしている糖とタンパク質により、歯の表面にペリクルという薄い膜ができることから始まります。
ペリクルはブラッシングを行ってもなかなか取れず、ぬめりとなります。
そこに様々な細菌が付着し、繁殖すると、いわゆるバイオフィルムという細菌の固まりが形成されます。
そして、これが歯垢となって歯に付着しますが、歯垢は軟らかいので歯ブラシによるブラッシングなどで比較的簡単に除去することができます。
一方で歯石は、歯垢に唾液中のミネラルが沈着することによって形成されます。
歯石そのものは歯周病の原因とはなりませんが歯石の表面はざらざらして凹凸があり、歯垢が付着しやすくなり、それによって歯周病が引き起こされます。

歯周病とは

歯肉炎と歯周炎をあわせて歯周病と呼びます。
歯肉炎とは、歯肉のみに炎症が起こっている状態をいい、歯の表面や歯周組織に歯垢が沈着し、その歯垢に含まれる細菌などによって引き起こされます。
歯肉のみに腫れや出血が見られますが、治療によりほぼ治すことが可能です。
しかし、放置しておくと歯周炎に進行していく場合がありますので注意が必要です。
歯科の概要についてご理解いただけたでしょうか?では、歯周病を防ぐために歯垢・歯石をつきにくくするキャットフードについてお教えしたいと思います。

食事内容・おやつ・食べ方に注意

歯周病は、食事内容・おやつ・食べ方に関係しています。
よく噛むことで唾液の分泌が促進され、唾液によって口腔内の汚れが落とされるので、その結果、歯周病の予防になります。
従って噛まずに飲み込むような食べ方は唾液があまり出ないだけではなく、歯垢などが食物により研磨されずに残ってしまいます。
よってよく噛む食べ方が推奨されます。

フードの性状

軟らかい食べ物は、歯の表面に付着しやすいため、硬いものの方がより歯の表面に付着しにくく、かつ歯垢などの研磨作用が期待できます。
また形が大きくて噛み切りにくいものの方が噛む回数が増えます。
よってドライフードの方がウェットフードに比べて歯垢が付きにくいといわれています。
さらに適切なフードだけではなく、適切なおやつ、適切なおもちゃなどで噛む回数が増えれば歯垢・歯石の付着は噛ませていない場合に比べて減少します。
適切なおやつやおもちゃなどは、ショップの店員さんに相談して一緒に選ぶことをお薦めします。
なぜなら、不適切なものを選んでしまうと誤飲や歯折などの原因になってしまうからです。

食物繊維

一般的に食物繊維が多い方が繊維分によって歯垢が研磨され、かつよく噛むので唾液分泌も促進するといわれています。
ご理解いただけたでしょうか?少しでも猫ちゃんの状態がおかしいときには早めに動物病院に行ってあげてくださいね!!