肝臓病用キャットフード

肝臓病用キャットフード 猫に最適な肝臓病用キャットフードを選ぶには、まず肝臓病について理解する必要があります。
よって、まずは肝臓病の概要についてお教えします。

肝臓とは

肝臓は糖質代謝、脂質代謝、タンパク質代謝、ビリルビン代謝、ビタミン・ホルモン代謝、解毒作用、免疫機能など多くの機能を担っています。
ただ、沈黙の臓器といわれるように、その機能が低下しても症状が現れにくく発見されにくいという特徴があります。
人間の場合なら、黄疸が出ると皮膚や白目などが黄色っぽくなるのですぐにわかりますが、動物の場合は毛で覆われているのでわかりにくく、白目や歯茎などが黄色くなって初めて黄疸が出ていると気づく場合が多いので、日頃からの健康診断や栄養管理が必要となってきます。

肝臓病の分類

肝臓病は炎症性と非炎症性に大きく分けることができます。

1.炎症性疾患:炎症性疾患は細菌やウイルスなどの感染による炎症と、腸疾患などの感染されていない非感染性による炎症に分類することができます。
慢性化したものを慢性肝炎、さらに症状が進んだものを肝硬変といい、フードなどによる栄養管理は炎症性疾患が落ち着いてから行う必要があります。

2.非炎症性疾患:非炎症性疾患の場合、肝臓に脂肪などの何らかの物質が蓄積していることが多く、食事療法で治療可能なことが多いと考えられます。

肝臓病の概要についてご理解いただけたでしょうか?
では、肝臓病の初期疾患である急性肝炎時のキャットフードについてお教えしたいと思います。

低脂肪・低タンパク質・高炭水化物食

→嘔吐や下痢などの消化器症状が消えて食欲も回復したら、食事療法として消化しやすくて柔らかいフードを与える必要があります。
肝細胞の負担を減らすためにフードの成分として、高炭水化物と良質な低タンパク質を用いているものを選ぶことが推奨されています。
また、胆汁の分泌も低下しているため、脂肪分を控えることも重要です。

糖質は制限しない

→エネルギー源は主に糖質から得る必要があります。
なぜなら、肝臓内のグリコーゲン量を増加させることによって肝臓の抵抗力を高めるためと、上述したように肝臓の負担が減るようにタンパク質を制限するためでもあります。
給餌方法としては一日の量を少しずつ、数回に分けて与える方法が良いといわれています。

治ってきたら高エネルギー・良質のタンパク質・ビタミン

→回復期には、壊死した肝細胞が再生できるように、また全身状態の維持のために高エネルギーで、良質のタンパク質とビタミンを多く含むフードを与える必要があります。
ただし、フードを与えすぎることによって肥満になってしまうと意味がないので量には注意してください。
ご理解いただけたでしょうか?少しでも猫ちゃんの状態がおかしいときには早めに動物病院に行ってあげてくださいね!!